内視鏡センター

なぜ、内視鏡センターを作ったのか。

胃がん・大腸がんを併せた消化器がんは、日本人の死亡原因第1位に挙げられる、大変深刻な病気です。
しかし、それら消化器がんは、内視鏡検査を定期的に受けることで、早期発見・治療が可能になります。決して「治らないがん」ではないのです。
浜松市では、健康診断の結果から胃がん・大腸がんの再検査を申し込んでも、3~4カ月待ちになるほど過密な地域です。その間に、病状はどんどん進行してしまいます。そんな「検査難民」と呼ばれる方を、一人でも早く検査して差し上げたい。そして、地域医療に貢献したい。内視鏡センター設立には、そんな強い思いがあります。

内視鏡検査を受けられたことはありますか?
初めて内視鏡検査を受ける方は、検査が近づくと、どなたでもドキドキ緊張してしまうものです。そのような緊張や不安が体を硬くしてしまい、検査を大変で辛いものにしてしまいます。痛みが少なく、辛くない検査を受けていただくためには、患者様の心身のリラックスがとても大切なことなのです。
私たちスタッフは、皆様にリラックスして検査をお受けいただけるように、様々な取り組みをしております。
○最高レベルの知識・技術・テクニックで、快適な検査が受けられます。
○意識下鎮静法(睡眠導入剤を使用。)により、眠りながら検査を受けられます。
○新型マウスピース(エンドリーダー)を使用し、嚥下反射を抑えます。
○細いカメラ(経鼻用内視鏡)を使用しますので、苦痛なく検査を受けられます。
○検査前説明をしっかりおこなうことで、不安の解消に努めます。
○スタッフの暖かい対応と声掛けが、不安や緊張を解きほぐします。
以上のことに対して私たちスタッフは、日々明るく・暖かく・繊細に気を配ることを心がけております。


大腸検査を受けていただく方は、まず腸管洗浄液(900ml)を飲んでいただき、2時間から3時間かけて腸管の中を空っぽにしていただきます。(通常、腸管洗浄液は1800ml~2000ml服用していただくクリニックが多いようですが、当院では半量以下の900mlでその際に苦痛がなく検査前処置を受けていただくために、マグコロールP、モビプレップ、ビジクリア錠剤と、3種類の腸管洗浄剤を用意しています。ご自分に合ったものをお選びいただきます)



当院では、腸管洗浄液をゆったりと飲んでいただくために、病院の待合室らしからぬカフェのような落ち着いた雰囲気にしました。
また、清潔な個室トイレを、検査を受けられる人数分の9つご用意。トイレを待つ煩わしさや、ほかの人とトイレを共用する不潔感を味わうこともありません。

また、鎮静剤を使用した内視鏡検査の場合、検査後に鎮静剤から覚醒するまでの間お休みいただく十分の広さを持ったリカバリースペース(回復室)が必要です。

内視鏡室は検査・手術を行うための十分な広さを確保しました。また、内視鏡室には最新の医療機器を取り揃えています。

このように、当院内視鏡センターでは安心して楽に検査をお受けいただけるよう絶えず努力しています。

内視鏡検査は、鎮静剤を使用して眠っていらっしゃる間に行っています。そのため、内視鏡検査が苦手な方でも、安心・安全に検査を受けていただけます。

正確で安全な内視鏡手技(検査・手術)は、残念ながら、どの施設でもできるものではありません。内視鏡検査に必要な専門的な知識と高度なテクニックと最先端の医療機器。さらには十分な広さを兼ね備えた内視鏡室や、鎮静剤をさます回復室が必要です。
また、確実な内視鏡検査は、医師のみの力量では不可能です。医師を支える、高い知識と経験と技術を備えた多くのスタッフの力が不可欠なのです。

内視鏡センターでできること

◎睡眠導入剤(鎮静剤)を使い、楽な内視鏡検査
内視鏡検査に不安があったり、苦手の方のために鎮静剤を使用して楽な内視鏡検査が可能です。

◎経鼻内視鏡
胃カメラは通常の経口用ファイバー9㎜の約半分の太さ(5㎜)の経鼻用胃カメラも用いますので、
検査中・検査後の喉の痛みはとても楽になります。

◎がんの早期発見 ハイビジョンシステム
当院で使用している胃カメラと大腸カメラはハイビジョンシステムを主体とした高画質内視鏡なので、
早期の段階、胃がん・大腸がん・食道がんの発見が可能です。

◎がんの早期発見 NBI(狭帯域光観察)
通常光観察とがんの栄養補給路である粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などを、色調の違いとして強調表示する狭帯域光観察(NBI)機能を搭載した内視鏡ビデオスコープにより、より小さくて早期ながんの発見や、病変の悪性度や範囲診断が可能です。

◎日帰り内視鏡手術(ポリープ切除術)
大腸や胃にポリープや早期のがんを認めた場合は、検査当日に日帰り手術が可能です。
すなわち、がんの治療や予防が可能です。

 

ポリープ① ポリープ② ポリープ③ ポリープ

 

① 内視鏡でポリープを発見。
② ポリープにスネアーをかけます。
③ ゆっくり電気を通して切ります。
④ クリップで丁寧に止血します。

 

ポリープ① ポリープ② ポリープ③ ポリープ

 

① 内視鏡でポリープを発見。
② ポリープにスネアーをかけます。
③ スネアーを適度に締め上げます。
④ ゆっくり電気を通して切ります。

 

・大腸がん(直腸癌、S状結腸癌・下行結腸癌・横行結腸癌・上行結腸癌・盲腸癌)
・大腸ポリープ
・大腸粘膜下腫瘍(カルチノイド、神経内分泌腫瘍NET)
・家族性大腸がん(家族性大腸腺腫瘍FAP、HNPCC症例)
・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)・大腸憩室症
・虚血性大腸炎

※ポリープを認めた場合、当日に日帰り手術を行い切除します。

当院では、ハイビジョンシステムを主体とした高画質内視鏡を使用し、内視鏡検査の精度向上に努めています。
近年、経鼻内視鏡による検査を希望される方が増加しています。当院では、最新の高画質経鼻内視鏡も準備しているのでご安心ください。
胃がん・大腸がん・食道がんなどの精密検査では、より高精度の検査を行うために、特殊な光(NBI)も併用しています。

胃カメラとバリウムの比較

胃カメラ 長所
■微細な病変や粘膜の色の変化まで観察可能。
■早期胃がん・食道がんの検出に最適。
■NBIを用いることにより、より早期ながんまで診断可能。
■病変部から組織を生検し、病理検査で確定診断が得られる。
■内視鏡手術により、ポリープが切除できる。
■胃の組織を採取し、ピロリ菌感染の診断が可能。
■アニキサスの摘出が可能である。

短所
■喉が敏感で反射が強く、とてもつらい思いをすることがある。
バリウム検査 長所
■喉が敏感な人でも検査が可能。
■食道から胃・十二指腸までの流れが確認できる。

短所
■色の変化や浅い陥凹などの早期胃がんは見つけにくい。
■バリウムで異常があれば、後日胃カメラを受けることになる。
■バリウムが腸の中で固まり、ひどい便秘になることがある。
■微量ではあるが、放射線の被曝があり、妊婦は不可能。

対象疾患

胃がん・大腸がん・食道がん・大腸ポリープ・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・ピロリ菌関連胃炎・機能性ディスペプシア・逆流性食道炎・胃粘膜下腫瘍・胃GIST症・炎症性腸疾患・潰瘍性大腸炎、クローン病・吐血・下血・結腸憩室症

次のような症状の検査にも対応いたします

便に血が混じる、便が黒い、血を吐く、腹痛、腹部膨満感、早期飽満感、胃もたれ、嘔気、嘔吐、胸やけ、胸の痛み、胸に物がこみ上げてくる、胃酸が上がってくる、食べ物がつかえる、咽頭違和感症・咽頭絞扼感・背部痛、心窩部痛、心窩部灼熱感、しぶり腹、便秘、下痢、粘血便、食欲不振、貧血

対応できる施術

内視鏡的治療
ポリープ切除術(ポリペクトミー、EMR、ホットバイオプシー)・
内視鏡下止血術

その他の診断

ピロリ菌診断、内視鏡下生体病理検査、アニサキスや線虫等の寄生虫の診断

内視鏡検査を受けた方に対して気を付けていること

安心・安全・正確に

内視鏡検査の流れを、写真付きパンフレットを活用してていねいに説明することで、検査前の不安や恐怖心を取り除く努力をしています。

検査室に入ってからも、医師やスタッフが適切に声を掛けることで、不安を和らげます。

鎮静剤や鎮痛剤を使用した「意識下鎮静法」で、苦痛の少ない、やさしい内視鏡検査を行います(この方法は、ぼんやりしながらも必要な受け答えはできるという状態が目安なので、意識が完全に失われる麻酔ではありません。それでも、ほとんどの方が、いつ検査が始まったのかわからない間に終わっていたと言われます。一度、試していただければ、こんなに検査は楽なものだったのかと実感していただけます)。

検査中は、酸素飽和度と脈拍のモニターを施行しています。もし検査中に偶発症(血圧低下や呼吸抑制)が生じたとしても、速やかに酸素投与や、鎮痛剤・鎮静剤を中和するお薬、救急薬剤の投与もできます。
このように、当院の検査は、きわめて安全です。

検査終了後は、検査ベッドに横になったまま、回復スペースに移動。鎮痛剤と鎮静剤が切れるまで、血圧などの全身状態をチェックしながら、約1時間程度休んでいただきます。
この回復スペースはカーテンで区切られ、7台のベッドを並べられますので、すべての方が同日に、意識下鎮静法で検査を行うことが可能です。

検査前準備と処置の説明



正確な診断と適切な治療

最先端の機器を用いた正確な診断と適切な治療を提供します。すなわち見落としなく、安全で取り残しがない治療を心掛けています。

エキスパートスタッフの協力と連携により、最高の内視鏡技術を提供します。